Yusuke Ebihara's website
Blog

Windowsの環境構築メモ

2020/08/14

最近 Windows PC の調子が悪くなってきていたので、windows を初期化してインストールし直した。

windows の環境構築のメモ。

必須ソフトのインストール

手動で真っ先にインストールするソフト。

Google Chrome

Google Chrome - Download the Fast, Secure Browser from Google

ブラウザは普段 Google Chrome を使っている。これをインストールしないと始まらない。

Google Chrome は Google アカウントでログインするだけで設定やブックマークから拡張機能まで、普段の環境が整うのでかんたん。

1password

Best Password Manager for Windows | 1Password

パスワード管理は 1password で行っている。これを入れないと各種 web サイトへのログインが面倒なので、まっさきに入れる。

Dropbox

ダウンロード - Dropbox

ファイルは普段 Dropbox で同期している。これを入れれば普段使っている Office などのファイルが一発で同期されるので、便利。

デスクトップの設定

Dropbox をつかって、デスクトップも同期している。(とりあえずデスクトップにおいたファイルが同期されるので便利。)

Dropbox\Desktop がデスクトップに表示されるように設定を変える。

エクスプローラーのデスクトップの「プロパティ」の「場所」タブから変更する。

Google 日本語入力のインストール

Google 日本語入力をインストールする。

また、「変換」「無変換」を用いて入力モードを切りかえる(mac 風)設定にしているので、これを設定しないと使い物にならないので設定する。

Henkan・Hiragana に「Set input mode to Hiragana」、Muhenkan に「Deactivate IME」を選択する。Mode ごとにあるので全部の Mode に関して設定する。

Scoop のインストール

Windows の scoop が便利という話

前も記事に書いた Scoop を使って各種環境を設定する。

Scoop

Powershell で以下のコマンドを実行してインストールする。

Set-ExecutionPolicy RemoteSigned -scope CurrentUser iwr -useb get.scoop.sh | iex

ついでに各種基本コマンドをインストールしておく。

$ scoop install git $ scoop install make

ssh キーを作る

github に接続するために ssh キーを作って設定する。

$ ssh-keygen -b 4096 $ cat ~/.ssh/id_rsa.pub

Github に登録しておく。

dotfiles のインストール

自分で普段使っている.bashrc.gitconfigなどを入れる。

自作の同期用スクリプトを用意しているので、それを用いる。

今後のシェル操作は git bash からおこなう。

$ curl -sL dot.ebiyuu.com | sh $ cd ~/dotfiles $ ./dot link

VSCode の設定

VSCode をインストールする。

$ scoop install vscode

VSCode を起動したら真っ先に「Setting Sync」拡張機能をインストールして、設定を同期する。

GitHub ログインが終わったら、ctrl+shift+P でコマンドパレットを開き、> Sync: Download Settingsを選ぶ。

Docker のインストール

Windows Pro だったので、公式サイトに従ってインストールをしたらすぐ設定が終わった。

その他

ここまで終わったらほとんど元の環境が整った。あとは LINE や Slack などの細かいソフトを落としたら環境構築完了である。大体 1 時間かからなかった。

まとめ